当サロンオーナー、田中義明によるエッセイ

ギャラリーとミュージアムの違い

 作品には、家やオフィスに飾られることを待っている作品と、ミュージアムや公会堂に飾られるのを待っている作品があります。同じアーティストでもこの2種類の作品は全く異なることがあります。

 アーティストである以上、作品に自分の強烈な思いを込め、飾られる場所を超越した芸術性が作品に付加されることを期待しますが、そういう作品は家の中に飾るにはあまりふさわしくないことが多いのです。

 ギャラリーの主要な役割は、家やオフィスに飾られることを待っている作品に対して、そのチャンスを増やしてあげることです。

 このような作品は、飾られる場所を目的に制約されて制作されたものであり、インテリアの1部としての性格を若干持っていることは否定できません。

 アーティストとしては、100%アートとして制作した作品も、ギャラリーのお客に鑑賞してもらいたいと思うのは自然な気持でしょう。ギャラリーのお客様も作家の両方の性格の作品を鑑賞することができれば、アーティストをより深く知ることができます。

 ART SARONⅡでは、ミュージアムに飾られることを待っている作品も積極的に展示したいと思っています。